快適な生活のために業者を利用しよう│アンテナ工事を依頼する

女性

補助金を利用する

一軒家

費用は補助金を利用するべき

過去、太陽光発電事業に携わるときは国や県から補助金と言うものが発生していました。今は全量買取というシステムが出来てから過去よりも多くは費用は少なくなってしまったようですがもちろん今でも補助金はあります。費用は基本的には太陽光発電事業で手にすることが出来る費用で元をとろうとすると約10年間で取れると言われます。それを補助金をうまく使うことでもっと得をすることが出来ます。補助金は内容によって金額が異なります。例えば、自社倉庫に30kwの太陽光発電システムを取り付けるときや、50kw以上、他にも土地開発として地上設置などの変化によって大きく異なりますのでそこの部分をしっかり検討することで見えてきます。

これからの太陽光発電は

今はまだ電気の買取価格が高いものですので全量買取制度を用いた発電事業が主流ですが、近い将来全量買取では大きな利益を取ることが出来なくなってくるときがきます。太陽光発電システムは今は20年の買取保障もありますし、需要がありますが、爆発的に供給が増えましたので逆転して電気代が高等したりとしていくことが予想されます。ですのでこれからは自社発電の電気は自社で使うことが出てくるでしょう。今は蓄電システムも発展してきましたし、これからも設置するためにかかる費用ももっと下がってくることが予測されますので、これからも太陽光発電システムに携わるメリットは大きくあるでしょう。後は、どのタイミングで何のために関わるかをしっかりと検討することがいいでしょう。